烏川氏が代表取締役会長を務める全保連株式会社は、不動産のオーナーや入居者向けの家賃債務保証サービスを提供している企業です。全保連株式会社の会社概要やサービス、強み、どんな職場環境なのか、また全保連が求めている人材などについてまとめてみました。


■全保連株式会社の会社概要

全保連株式会社の会社概要や主なサービスについてご紹介しましょう。

会社名 全保連株式会社 (ZENHOREN CO., LTD.)
URL https://www.zenhoren.jp/
所在地 東京都新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビル16F

沖縄県那覇市字天久905番地
代表者 代表取締役:烏川信和/迫幸治
資本金 5,704百万円(うち資本金:99.5百万円)(2019年3月末現在)
設立年月日 2001年11月16日
事業概要 家賃債務保証及び 賃料管理リスクヘッジ業務

全保連株式会社は、2001年11月16日に設立された会社です。本社は東京と沖縄に2つあるのが特徴です。


事業内容は、家賃債務保証及び賃料管理リスクヘッジ業務です。役員は代表取締役会長に烏川信和氏、代表取締役社長執行役員に迫幸治氏が、それぞれ名を連ねています。派遣社員を除いた社員数は2020年3月末時点には738名で、そのうちには弁護士や司法書士、行政書士、宅地建物取引士、二級建築士、賃貸不動産経営管理士などの有資格者も計200人以上含まれています。


主な取引先銀行は、三井住友銀行や三菱UFJ銀行、琉球銀行、沖縄銀行、広島銀行の6つです。


■全保連の主なサービス内容

全保連株式会社が提供しているのは、家賃保証サービスです。家賃保証サービスとは、アパートやマンションなどの不動産を借りている借主が家賃の支払いを滞納してしまった時、代わりに家賃の立て替えを行うというものです。立て替え後はなぜ家賃の支払いが遅れてしまったのかについてカウンセリングで確認し、立て替え分の金額を支払ってもらいます。


この家賃保証サービスは、借主と貸主の両方にメリットがあるのが特徴です。家賃保証サービスを利用すれば、連帯保証人の当てがない人でも保証人不要で部屋を借りられます。また、不動産オーナーは借主が家賃を滞納した時も同額が即座に振り込まれるため、金銭的に損をすることがありません。このように、相互にメリットがあるのが家賃保証サービスと言えます。


■全保連株式会社の強み・特徴

全保連株式会社の強みや特徴を見ていきましょう。


自由度が高い家賃保証サービス

全保連の家賃保証サービスでは、借主が家賃を支払う方法を自由に選べます。口座振替や振り込みなど、借主の都合が良い方法で支払いができるのは大きな強みと言えるでしょう。また、アパートやマンションといった住居だけでなく、店舗や事務所、駐車場、トランクルーム、倉庫といった様々な用途の賃貸物件で利用できるのも魅力です。


滞納時の支払いも簡単

借主やオーナーにとっては家賃を滞納しないことが一番望ましいですが、万が一滞納してしまった時も、すぐにオーナーへ家賃が入金されるので安心です。また滞納分の支払いも、振り込みやコンビニ支払いなど簡単に支払える方法が用意されています。


建て替えの支払いが早い

全保連の家賃保証サービスで一番入金が早いプランを選択した場合、家賃支払いの当日中に立替金が入金されます。通常プランを選んだ場合も、滞納報告から営業日内の3日後には立替金が振り込まれるので、オーナーは家賃滞納の心配から解放されます。


賃料以外にも様々な費用を保証

保連株式会社の家賃保証サービスは、家賃以外の諸費用も保証しています。具体的には以下などです。


  • 共益費
  • 管理費
  • 駐車場料金
  • 水道料
  • 鍵交換費用
  • 賃貸契約更新料
  • 修繕費
  • ハウスクリーニング費用

  • 入居時から退去時まで手厚く保証するので、安心して部屋を借りられるでしょう。


    ■全保連の職場環境

    全保連株式会社の職場環境は、意欲的な人材が集まっています。また、新入社員に対しては多くの業務研修が用意されており、社会人として働く上で必要なスキルを自然と身に付けられる環境が整っています。それぞれの部署における社員の声から、職場環境を探っていきましょう。


    〇営業三課 Kさん
    東京本社の営業三課に所属するKさんは、インターンシップに参加した時に全保連の採用に関わる人事担当者の人たちを魅力的に感じ、入社を決めたと言います。全保連では指導員制度などの教育体制が整っており、上司や先輩の指導が手厚いので新入社員が生き生きと働ける環境になっています。


    〇営業六課 Mさん
    東京本社の営業六課に所属するMさんは、全保連の良さとして社員にフランクな人が多く、働きやすいという印象を持っています。入社前から入社後に至るまで同期と交流する場も多くあるので、仕事仲間に相談できる環境が整っていることも全保連の魅力と言えるでしょう。


    〇個人審査二課 Aさん
    沖縄本社の審査部に所属するAさんは、内定式で担当者の社員が事前に全員の名前と顔を覚えていたことから、全保連は「人」を大切にする会社だと感じたそうです。また、入社から2年経っても外部研修や定期的な勉強会が充実しており、自分自身を成長させられる環境だと語っています。実際に働いている人からも、全保連は風通しが良くサポートが手厚いと言われていることから、職場の雰囲気が伝わってきます。


    ■全保連に適した人材

    全保連株式会社では、未来を構築する力を持った意欲的な人材を募集しています。家賃保証システムは、近年の高齢化社会や核家族化といった世の中で需要が高まっているサービスです。成長の最中にあるマーケットで自分らしく人とのつながりを築いていける人材が求められていると言えるでしょう。


    ■全保連のインターンシップ「全保連みらい大学」

    毎年、就活を控えた大学生向けに「全保連みらい大学」という名前のインターンシップを開催しています。具体的なインターンシップの内容をご紹介しましょう。


    家賃債務保証について学べる

    インターンシップの中には、「家賃債務保証体感コース」というプログラムがあります。このコースでは、全保連が提供している家賃保証サービスについてクイズやカードゲームを通して楽しく学ぶことができます。インターンシップに参加するまでは家賃債務保証サービスに馴染みがなかったという人でも、しっかりと内容を学べるので安心です。


    就活の模擬体験ができる

    「就活模擬体験コース」では、職業興味検査(VRT)を書いて自己理解を深めます。また、エントリーシートの書き方教わり、志望動機を深めた上で模擬面接を受けます。ソーシャルスタイル理論についても学ぶことができ、実際の就活に活かせる内容です。


    ビジネスマナーが学べる

    「ビジネスマナーコース」では、身だしなみの基本や社会人の言葉遣い、電話対応、ビジネス・名刺交換マナー、Eメールの書き方など、仕事で役立つマナーが学べます。


    このように、全保連が行っているインターンシップに参加すると、仕事内容や社会人としてのスキルなどがいち早く学べ、全保連が求めている人材についてもわかります。その他にも営業担当者に実際に同行したり、事務職を体験したりなどの仕事体験も行っているので、全保連に興味がある人はインターンシップに参加してみると良いでしょう。


    全保連の職場環境は非常に生き生きしたもので、一人ひとりがやりがいを持って仕事に取り組んでいます。全保連ではこの先の未来も見据え、向上心を持って精力的に仕事に取り組める人材を募集しています。働いてみたいと考えている人は、ぜひ検討してみてください。